自動運転車の国際基準作りに向けた優先検討、7項目を決定 国連

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は3月19日、自動運転車の国際基準作りに向けた優先検討項目のリストが、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第177回会合で合意したと発表した。

今回のWP29では、日本と欧州の共同提案をベースに、自動運転の枠組み(国際的なガイドラインを含む)、自動運転に求められる機能など、7項目について、国際基準の策定に優先的に取り組んでいくことで合意した。

優先項目リストは国際的な自動運転ガイドラインを含む自動運転の枠組み(フレームワークドキュメント)、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)・ドライバーモニタリングなど自動運転に求められる機能、シミュレーションなどの新たな安全性能確認方法、サイバーセキュリティ、ソフトウエアアップデート、イベントデータレコーダー、データ記録装置の7項目。

特に、国際的なガイドラインについては、日本、米国、欧州など、各国のガイドラインに基づいて策定が進められており、次回のWP29で議論される予定。

また、その他の検討項目については、日本が共同議長を担う各分科会で具体的な要件を議論していく。

日本政府は、自動運転車に関する基準について検討する各分科会などの共同議長、副議長として基準作りの議論を主導している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ