フォードモーター、初の自動運転車や次世代EVを生産へ…2021年から

フォードモーターの自動運転テスト車両
フォードモーターの自動運転テスト車両全 3 枚写真をすべて見る

フォードモーター(Ford Motor)は3月20日、次世代EVや初の自動運転車の生産に向けて、米国ミシガン州の工場に投資を行うと発表した。

フォードモーターは、米国ミシガン州のフラットロック組立工場に、2023年までに8億5000万ドル以上を投資する予定。工場の生産能力を拡大し、次世代のEVの生産に備える。

また、フォードモーターは、ミシガン州南東部の新工場において、自動運転技術を備えた商用ハイブリッド車を生産する計画だ。フォードモーターの最初の自動運転車は、2021年から生産を開始し、商用サービスへの展開が予定されている。

さらに、フォードモーターは、自動運転技術の研究開発を行う自動運転センターにも投資していく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォード・フィエスタ
  • フォードモーターの世界本社
  • 提携拡大を発表するVWグループとフォードモーターの両首脳
  • アイアコッカ氏(2006年)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/22/320406.html/article/2019/03/22/320405.html/article/2019/03/22/320407.html