運転者の過労運転を防止、ICTを活用した効率的な運行管理などを検討 国交省

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、重大事故を削減するため、運転者の過労運転防止に向けて2018年度「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」を3月26日に開催する。

国土交通省では、2017年6月に策定した「事業用自動車総合安全プラン2020」に基づき、2020年までに事業用自動車の交通事故死亡者数を年間235人以下、飲酒運転ゼロなどの目標を掲げ、事故防止対策に取り組んでいる。

今回、目標達成に向けて2018年度「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」を開催し、交通事故事例の分析に基づいた死亡・重傷事故の低減対策や、ICTを活用した適切、効率的な運行管理について検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バス
  • 常陸太田市での自動運転サービス実証実験
  • 新モビリティサービス推進事業で選定された「先行モデル事業」
  • イメージ
  • フェラーリ初のSUVとなる「プロサングエ」予想CG
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/27/320590.html/article/2019/03/26/320589.html/article/2019/03/27/320591.html