【日産 デイズ 新型】星野専務「日産が一から開発に挑んだ」

日産デイズ新型発表会
日産デイズ新型発表会全 3 枚写真をすべて見る

日産自動車は3月28日、軽自動車の『デイズ』を2013年6月の投入以来、初めて全面改良し、同日から全国の日産販売店で売り出した。月間8000台の販売を計画している。

三菱自動車工業および仏ルノーとの3社連合で事業協力したモデルで、開発は日産が担った。生産は三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)が担当している。新型車は日産の安全運転支援技術である「プロパイロット」を軽自動車に初搭載するなど、日産の先進技術群を多く投入した。

グレードに応じて設定したプロパイロットは、渋滞時や巡航走行時に先行車との車間距離を制御するほか、高速道路での車線中央走行を維持できるよう車がアシストする。

安全装備ではこのほか、日産車として初めて、エアバッグの作動時などに専門オペレーターが警察や消防に通報する「SOSコール」(ヘルプネット)を採用した。専用のナビや日産コネクトへの加入などで使える。

エンジンはルノーと共同開発した技術を一部採用するなどで新開発し、全域でトルクを向上させて加速性能を高めた。自然吸気型とターボ搭載型を設定している。また、モーターが加速時の駆動を補助する簡易型のハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド」の性能も高めて一部グレードに用意した。

消費税込み価格は127万円台から177万円台。

横浜市の本社で開いた発表会で、日本事業を担当する星野朝子専務執行役員は新型について「日産が1から開発に挑み、日産だけがもつ技術を導入した。日産が軽自動車をすごくしたということを伝えたい」と述べた。また、プロパイロットの採用については「いよいよ軽自動車にも自動運転の世界が登場する」とアピールした。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ N-WGN、三菱 eKクロス、ダイハツ タント、日産 デイズ
  • 日産デイズ新型
  • Nワゴン、タント、eKクロス、デイズ
  • 日産 デイズ 新型
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/28/320664.html/article/2019/03/28/320663.html/article/2019/03/28/320665.html