静岡県-滋賀県間ダブルネットワーク化の効果は? NEXCO中日本

新名神高速道路・新四日市JCT~亀山西JCT開通1週間の効果
新名神高速道路・新四日市JCT~亀山西JCT開通1週間の効果全 2 枚写真をすべて見る

NEXCO中日本は3月28日、3月17日に新名神高速道路・新四日市JCT~亀山西JCT、東海環状自動車道・大安IC~東員ICが開通し、静岡県(御殿場JCT)~滋賀県(草津JCT)間のダブルネットワークが完成したことによる開通1週間の効果を発表した。

新名神・新四日市JCT~亀山西JCTの交通量は1日当たり4万6600台で、並行する東名阪道・四日市JCT~亀山JCTの交通量が7万2300台と、新東名と比べて約3割減少した。今回の開通で新名神と東名阪道によるダブルネットワークが形成され、交通が分散した。

東海環状道・大安IC~東員ICの交通量は1日当たり3400台で、連続する既開通区間である東員IC~新四日市JCTの交通量が開通前の6000台から開通後に9500台と、約6割増加した。

東名阪道で慢性化していた渋滞も大幅に減少した。東名阪道・四日市JCT~亀山JCTにおける1週間の渋滞発生回数は開通前の29回から開通後は7回にまで大幅に減った。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新名神高速道路・新四日市JCT~亀山西JCT、東海環状自動車道・大安IC~東員ICの開通1カ月の効果
  • 点検楽っく
  • 東名ハイウェイバス(東京駅)
  • ザ・トラックコレクション「東名高速道路全線開通50周年NEXCO中日本道路作業車2台セット」
  • メルセデスベンツ Eクラスクーペ 改良新型 スクープ写真
  • レクサス LCコンバーチブル コンセプト
  • マツダ NDロードスター チューニングキット
  • メルセデスベンツ SL 次世代型 テストミュール(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/29/320725.html/article/2019/03/29/320724.html/article/2019/03/29/320726.html