日産の完全デジタルショールーム、世界最初の拠点をフランスに…東京にも開設予定

日産シティハブのフランス・パリの世界第一号店
日産シティハブのフランス・パリの世界第一号店全 9 枚写真をすべて見る

日産自動車の欧州部門は3月28日、「日産シティハブ」(Nissan City Hub)の世界最初の拠点を、フランス・パリに開設した、と発表した。

日産シティハブは、完全にデジタル化されたショールームだ。まったく新しいカスタマーエクスペリエンスを提供することを目指している。

日産シティハブで可能なのは、顧客がインターネットを通じて、新車を購入できることだ。顧客はタブレット端末の画面を数回クリックするだけで、EVの『リーフ』やSUVの『キャシュカイ』などを購入することができる。

日産はこのシティハブを将来、ドイツ・ベルリン、日本の東京、中国の上海など、世界の大都市に拡大展開することを予定している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/29/320729.html/article/2019/03/29/320728.html/article/2019/03/29/320730.html