打倒タイプR、ルノーの刺客「R.S.トロフィーR」新型がニュルでテスト開始

ルノー メガーヌ R.S. トロフィーR スクープ写真
ルノー メガーヌ R.S. トロフィーR スクープ写真全 15 枚写真をすべて見る

ルノーは2018年12月、人気ハッチバック『メガーヌ』に高性能『メガーヌR.S.トロフィー』を設定し発売したが、さらなるハードコアモデルが存在することがわかった。新型『メガーヌR.S.トロフィーR』プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

先代「トロフィーR」は2014年3月、セアト『レオン クプラ280』により奪われたニュルブルクリンクFF市販車最速記録を奪還するために登場、同6月には、ニュル北コースで7分54秒36のレコードを叩き出した。現在は、ホンダ『シビック タイプR』の7分43秒80がニュル北コースにおけるFF市販車最速記録となっており、新型トロフィーRはこれに挑む形となる。

捉えたプロトタイプは、ブラックの9スポーク19インチホイール、レッド・ブレーキキャリパーを装備。ボンネットにカモフラージュされたエアスクープ、フロントバンパーには『メガーヌR.S. 275 トロフィーR』を彷彿させる赤いウィングが装着されている。そのウィングの中心に白いテープが貼られているが、「Trophy-R」のロゴが記されている証拠だろう。そのほか、ボディ側面もテープでカモフラージュされており、やはり赤いアクセントが隠されているはずだ。

ベースとなるR.S.トロフィーは、1.8リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載、最高出力300ps、最大トルク420Nmを発揮、0-100km/h加速は5.7秒で駆け抜ける。対して新型R.S.トロフィーRのパワートレインは不明だ。しかし、後部シートを排除するなど大幅な軽量化とともに、最強のパフォーマンスを発揮するのは間違いない。

ニュルでの高速テストも順調に進んでおり、タイプRへの照準は定まっている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/31/320774.html/article/2019/03/31/320773.html/article/2019/03/31/320775.html