英アルヴィス、4台のヴィンテージカーを出展予定…オートモビルカウンシル2019

アルヴィス ブースイメージ
アルヴィス ブースイメージ全 5 枚写真をすべて見る

明治産業は、4月5日から7日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2019」のヘリテージカーゾーンに、日本初上陸車両を含む4台の英アルヴィス ヴィンテージカーを出展すると発表した。

アルヴィスは、1919~67年に活動した英国の名門メーカーだ。1967年に量産車の製造を停止して以降も部品の製造と、アルヴィス車の修復を継続。2010年に活動を再開し、現在も、当時の車をほぼ当時のままに生産している。明治産業は昨年11月、アルヴィス・カー社と、日本における総代理権契約を結び、日本市場にアルヴィス・ブランドを再導入した。

同社は今回、日本初上陸車両として、3リッター「グラバー・スーパークーペ(1966年型)」および3.5リッター「ランスフィールド・コンシールド・フード(1937年型)」を展示。4.3リッター「バンデンプラス・ツアラー(1937年型)」、3リッター「パーク・ウォード・サルーン(1965年型)」を合わせた4台を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ MX-30(オートモビルカウンシル2020)
  • マイルドハイブリッド版MX-30(オートモビルカウンシル2020)
  • 富士スピードウェイ西ゲートに建設予定の「アンバウンドコレクションby Hyatt」
  • ミニ・リマスタード(オートモビルカウンシル2020)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ