アルファロメオ ジュリア、ブレーキオイル漏れで車両火災のおそれも リコール

アルファロメオ・ジュリア
アルファロメオ・ジュリア全 2 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アルファロメオ『ジュリア』のフロントブレーキパイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年8月10日~2018年1月9日に輸入された313台。

エンジンルーム内、右フロントブレーキパイプの取り回しが不適切なため、走行振動等によりエンジン冷却用ホースの固定バンドに干渉するものがある。そのため、パイプが損傷し、ブレーキフルードが漏れ、制動力が低下して、最悪の場合、ブレーキフルードが熱源に触れると、車両火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、右フロントブレーキパイプを点検し、取り回しが不適切な場合は、干渉防止用の対策ブラケットを装着する。またブレーキパイプが損傷している場合は、新品交換した上で干渉防止用の対策ブラケットを装着する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルファロメオ クアドリフォリオ F1トリビュート 発表会
  • アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ クアドリフォリオ F1トリビュート
  • 特別リースプログラム「Carta GIULIA(カルタ ジュリア)」
  • アルファロメオ・ステルヴィオ2.0ターボQ4ラグジュアリーパッケージ
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/01/320819.html/article/2019/04/01/320818.html/article/2019/04/01/320820.html