VWグループ、電動化戦略に準備…リチウムの長期的な供給契約で合意

VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー
VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー全 3 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は4月5日、電動化戦略への準備として、中国のガンフォンリチウム社との間で、長期的にリチウム供給を受ける契約を締結することで合意した、と発表した。

フォルクスワーゲンが電動化戦略の中心に据えるのが、「ID.」ファミリーだ。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVのID.を2020年に発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『ID. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『ID. BUZZ』を順次、市場に導入していく。

フォルクスワーゲングループは電動化戦略を加速させており、2028年までに全世界で2200万台の電動パワートレイン車を販売する。これは当初計画の1500万台に対して、およそ5割増の計算だ。

この計画の達成に向けて、電動パワートレイン車のラインナップを拡充する。2028年までの今後10年間に、新たな電動パワートレイン車を70車種、発売していく。これは当初計画の50車種に対して、4割増となる。

フォルクスワーゲングループによると、世界のリチウム需要は2023年までに、現在の2倍以上になると予想されているという。今回のガンフォンリチウム社との合意は、フォルクスワーゲングループのサプライチェーンの安全性確保における重要なマイルストーン、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • VWポロ
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ 新型のイメージスケッチ
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/08/321110.html/article/2019/04/08/321109.html/article/2019/04/08/321111.html