ジェイテクト、ステアリング事業のソフトウェア開発体制を強化

ソフトウェア開発風景
ソフトウェア開発風景全 4 枚写真をすべて見る

ジェイテクトは、電動パワーステアリング(EPS)の開発強化のため、2019年4月に組織改正し、従来のソフトウェア開発拠点である花園事業場技術開発センター(愛知県岡崎市)に加えて、2019年夏より東刈谷事業場(愛知県刈谷市)でもソフトウェア開発を開始すると発表した。

今回の体制強化は、自動運転対応など高度化する技術ニーズに応えるため、ソフトウェア開発拠点の拡張と一層の増員を図るもの。2019年度以降は、100名規模の増員を計画している。

背景には、自動運転化対応、ステアバイワイヤなどの新規システムに対応するため、機能安全設計、冗長設計、サイバーセキュリティ対応など、EPSの技術ニーズがより高度化、多様化していることがある。

このため、ジェイテクトでは2019年4月にEPSのソフトウェア開発組織の見直しを行い、ステアリングシステム開発部、電子システム企画部、MCU開発部を統廃合し、先行システム開発部、電子制御開発部、MCU(モーターコントローラーユニット)開発部、電子要素開発部に再編。EPS固有の組み込みソフトウェアを開発する新規部署を増設した。

今回の拠点拡張により、自動運転対応技術開発、MCU内製化などを進め、一層の商品力強化を推進していく。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • クリープ摩耗抑制玉軸受
  • 開発品イメージ
  • Future Concept Vehicle 2
  • ジェイテクトの自立推進歩行器「J-Walkerテクテック」
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/09/321144.html/article/2019/04/09/321143.html/article/2019/04/09/321145.html