九州新幹線西九州ルートの工事費が増加、6000億円台に…佐世保線の複線化は大町-高橋間に

九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の概要。フリーゲージトレインによる新幹線と在来線の直通が断念されたため、佐世保線武雄温泉~肥前山口間の複線化は大町~高橋間に縮小されることになった。
九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の概要。フリーゲージトレインによる新幹線と在来線の直通が断念されたため、佐世保線武雄温泉~肥前山口間の複線化は大町~高橋間に縮小されることになった。全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月12日、武雄温泉~長崎間の九州新幹線西九州ルートの工事実施計画の変更を同日付けで認可したと発表した。

認可内容は工事費などの変更で、建設を担当する独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)から2月6日付けで行なわれた申請を受けたもの。

九州新幹線西九州ルートは、博多駅(福岡市博多区)と長崎駅(長崎市)を結ぶ約143kmの路線。このうち武雄温泉~諫早間が2008年に、諫早~長崎間が2012年にそれぞれ着工した。

当初は、新幹線区間と未着工の新鳥栖~武雄温泉間が直通可能な軌間可変電車(フリーゲージトレイン)の導入が計画されたが、技術的な問題などから、与党の検討委員会は2018年7月に導入を断念。武雄温泉~長崎間をフル規格で建設し、武雄温泉駅で在来線と対面乗換えを行なうことが決定し、九州新幹線西九州ルートは2022年度に暫定開業する予定。

当初、武雄温泉~長崎間の建設費は約5009億円で認可されていたが、労務単価の上昇に加えて、耐震設計基準の改訂や関係機関との協議、現地状況の精査といった費用が増えたことにより、1188億円増の約6197億円が認可されることになった。

なお、フリーゲージトレインの導入に備えて、佐世保線肥前山口~武雄温泉間の複線化が計画されていたが、導入が断念されたことから大町~高橋間に変更し、対面乗換えに際しての特急列車の増発に対応するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。
  • 現在は、特急以外のすべての列車が停車する北広島駅。快速『エアポート』(右)はこの駅で普通列車(左)と連絡する。写真は北広島駅の下り(札幌方面)ホーム。2019年2月28日撮影。
  • 2016年11月に行なわれた銀座線渋谷駅の工事風景。この時は新駅舎を支える橋脚を建設する準備工事のため、両方面の線路を南側へ移設する線路切換工事が実施された。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/12/321315.html/article/2019/04/12/321314.html/article/2019/04/12/321316.html