九州新幹線西九州ルートの工事費が増加、6000億円台に…佐世保線の複線化は大町-高橋間に

九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の概要。フリーゲージトレインによる新幹線と在来線の直通が断念されたため、佐世保線武雄温泉~肥前山口間の複線化は大町~高橋間に縮小されることになった。
九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の概要。フリーゲージトレインによる新幹線と在来線の直通が断念されたため、佐世保線武雄温泉~肥前山口間の複線化は大町~高橋間に縮小されることになった。全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月12日、武雄温泉~長崎間の九州新幹線西九州ルートの工事実施計画の変更を同日付けで認可したと発表した。

認可内容は工事費などの変更で、建設を担当する独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)から2月6日付けで行なわれた申請を受けたもの。

九州新幹線西九州ルートは、博多駅(福岡市博多区)と長崎駅(長崎市)を結ぶ約143kmの路線。このうち武雄温泉~諫早間が2008年に、諫早~長崎間が2012年にそれぞれ着工した。

当初は、新幹線区間と未着工の新鳥栖~武雄温泉間が直通可能な軌間可変電車(フリーゲージトレイン)の導入が計画されたが、技術的な問題などから、与党の検討委員会は2018年7月に導入を断念。武雄温泉~長崎間をフル規格で建設し、武雄温泉駅で在来線と対面乗換えを行なうことが決定し、九州新幹線西九州ルートは2022年度に暫定開業する予定。

当初、武雄温泉~長崎間の建設費は約5009億円で認可されていたが、労務単価の上昇に加えて、耐震設計基準の改訂や関係機関との協議、現地状況の精査といった費用が増えたことにより、1188億円増の約6197億円が認可されることになった。

なお、フリーゲージトレインの導入に備えて、佐世保線肥前山口~武雄温泉間の複線化が計画されていたが、導入が断念されたことから大町~高橋間に変更し、対面乗換えに際しての特急列車の増発に対応するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • iphoneを活用した窓口での案内イメージ。
  • 10月12日の東北新幹線は、下りが東京13時20分発『はやぶさ23号』、上りが新青森11時15分発『はやぶさ52号』が最終となる。
  • JHB:ジェイ・アール北海道バス
  • 10月12日の終日運休が決定している小田急の特急ロマンスカー。写真は70000形GSE。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。
  • 常磐緩行線で運行されているJR東日本のE233系
  • 冬・夏用の制服。女性用のリボンタイやスカートは廃止され、男女ともネクタイ着用のスーツスタイルに。制帽は男女とも官帽型とチロリアン(ハイバック)型があり、いずれかを選択する。ネクタイは3種類あるなかから選ぶ。職制を識別するため駅長・区所長用の袖のラインは2本、それ以外は1本となっており、制帽でも5種類を設けて区別する。
  • TX-3000系のイメージ。車体はアルミダブルスキン鋼体で、最高速度は130km/h。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/12/321315.html/article/2019/04/12/321314.html/article/2019/04/12/321316.html