メルセデスベンツ Aクラス「AMG 35」、60mm長い「L」セダンにも設定か…上海モーターショー2019で発表へ

メルセデス AMG A35 4MATIC セダン
メルセデス AMG A35 4MATIC セダン全 4 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、メルセデスAMG『A35 4MATICセダン』(Mercedes-AMG A35 4MATIC Sedan)の新仕様をワールドプレミアすると発表した。

メルセデスAMG A35 4MATICセダンは、歴代『Aクラス』初のセダン、「Aクラスセダン」に用意される高性能グレードだ。メルセデスAMGが、新たにシリーズ展開中の「35」を冠するモデルとなる。

直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力306hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/3000~4000rpmを発生する。トランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT 7G」。駆動方式は4WDの「4 MATIC」のAMGパフォーマンス仕様だ。0~100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の優れた性能を備えている。

メルセデスベンツは、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、メルセデスAMG A35 4MATICセダンの新仕様をワールドプレミアする。Aクラスセダンには、ホイールベースが60mm長い『Aクラス Lセダン』をラインナップ。このAクラス Lセダンにも、「AMG 35」が設定される可能性がある。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツAクラス ボルボ V40 マツダ3 トヨタ カローラスポーツ VW ゴルフ ホンダ シビック ハッチバック スバル インプレッサスポーツ
  • メルセデスAMG A35 4マチック エディション1
  • 車の中を有意義な時間に変える。メルセデスベンツ Aクラス のオーディオをアップデートした女性ユーザーレポート
  • ドイツ・ラシュタット工場で生産を開始したメルセデスベンツ Aクラス 新型のPHV、A250e
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ