アルファロメオ ジュリエッタ の個人車両でカーシェア、最短5分から貸出…欧州2019年型

アルファロメオ・ジュリエッタ の2019年モデル
アルファロメオ・ジュリエッタ の2019年モデル全 4 枚写真をすべて見る

アルファロメオは4月10日、『ジュリエッタ』(Alfa Romeo Giulietta)の2019年モデルを購入した顧客向けに、個人車両をカーシェアに提供できるサービスを欧州で開始すると発表した。

ジュリエッタは、アルファロメオのCセグメント5ドアハッチバックだ。2019年モデルでは、最上級グレードの「ヴェローチェ」(Veloce)がスポーツ性を強化した。新デザインのバンパーとイエローのブレンボ製大容量ブレーキを採用。ドアミラーやドアハンドル、フロントグリル、フォグライトベゼル、大型ツインエキゾーストパイプは、光沢ブラックで仕上げられる。ボディの側面は、サイドスカートと5本ダブルスポークのグロスブラック18インチアルミホイールで引き締められた。

室内には、イエローのステッチが施されたアルカンターラ&ファブリックシート、アルファロメオのロゴ入りヘッドレスト、アルミ製ペダル&キックプレートを装備。スポーツステアリングホイールやシフトレバー、サイドブレーキレバーには、イエローのステッチが添えられる。

アルファロメオは、このジュリエッタの2019年モデルを購入した顧客向けに、個人車両をカーシェアに提供できるサービスを欧州で開始する。アルファロメオはFCA (フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の金融部門の子会社で、モビリティ事業を手がけるLeasys社と協力。「U-Go」と呼ばれる個人車両をインターネット上の簡単な手続きでカーシェアに提供できるサービスを、ジュリエッタの2019年モデルに導入する。

このカーシェアリングでは、最短5分から他のユーザーに車両を貸し出せるのが特長。アルファロメオは、ジュリエッタの2019年モデルのオーナーは、自分の車をシェアして維持費を削減することができる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェの2019年モデル
  • アルファロメオ・ジュリエッタ ヴェローチェ・カーボン
  • 竹岡圭さん、新城ラリー2018を完走!3年目への意気込みは[動画]
  • 女性モータージャーナリスト竹岡圭さんが、「全日本ラリー選手権2018」へ2年目の参戦を発表(4月5日)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/13/321328.html/article/2019/04/13/321327.html/article/2019/04/13/321329.html