ヤンマーの農耕トラクタ、ロアガードが落下するおそれ リコール

ヤンマーYT357AJ
ヤンマーYT357AJ全 3 枚写真をすべて見る

ヤンマーアグリは4月12日、農耕トラクタ「YT330」など6機種について、ロアガードが落下するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「YT330」「YT333」「YT338」「YT345」「YT352」「YT357」の6機種で2016年1月14日から2019年2月27日に製造された7778台。

ロアガードの取付構造が不適切なため、前輪に上下方向の荷重が繰り返しかかることにより、取付ボルトに緩みが発生する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ロアガードが落下するおそれがある。

改善措置として、ロアガードの後側の取付ボルトにゆるみ止め剤が塗布されていない車両はゆるみ止め剤を塗布し、規定トルクで締め直す。また、ロアガードの前側の取付方法がボルトナットの車両は、ナットを対策品に交換する。

ヤンマーYT357AJヤンマーYT357AJ

不具合は152件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【MINI クーパー 新型試乗】最後のピュアエンジン・ミニかもしれない…諸星陽一
  3. 商用車にもAMG !? メルセデスベンツ『シタン45』設定のウワサ
  4. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  5. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  6. ロールスロイスの新「ブラックバッジ」発表へ…ゴースト新型の可能性も 10月28日
  7. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  10. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
ランキングをもっと見る