黒部峡谷のトロッコ列車が「ももクロ」化…ヘッドマークや直筆スタンプが登場 4月20日から

黒部峡谷鉄道 (AC)
黒部峡谷鉄道 (AC)全 3 枚写真をすべて見る

富山県黒部市の宇奈月駅と欅平駅を結ぶ黒部峡谷鉄道は、4月20日から「ももいろクローバーZ」にちなんだ特製ヘッドマークを機関車に掲出する。

4月20・21日に黒部市の宮野運動公園にあるサテライトパーク「ウォー太郎パーク」で開催されるコンサート「ももクロ春の一大事2019in黒部市」にちなんだもので、7月31日まで掲出される。

このほか、記念乗車券とヘッドマークキーホルダーがセットになった記念グッズ(2000円)の発売、ももクロ直筆スタンプの設置やスタンプラリーも行なわれる。

「ももいろクローバーZ」は2008年に「週末ヒロイン」として結成。百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人からなるガールズユニットで、2011年に『行くぜっ!怪盗少女』でメジャーデビューした。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • くろまつ
  • 大阪モノレール
  • 秩父鉄道パレオエクスプレス
  • 『まほろば』には、写真の『こうのとり』など、北近畿方面の特急に使われている287系を充当。先頭の3両付属編成で運行される。
  • 改装が進む『山明』の外装。
  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/14/321350.html/article/2019/04/14/321349.html/article/2019/04/14/321351.html