企画展「HONDA FORMULA 2~10年後の再始動~」、ホンダコレクションホールで6月13日から

ブラバム ホンダ BT18(1966年)
ブラバム ホンダ BT18(1966年)全 8 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、企画展「HONDA FORMULA 2~10年後の再始動~」を6月13日より開催する。

ホンダは、1960年代にブラバム・ホンダとしてヨーロッパF2選手権で11連勝の新記録(当時)を樹立、1968年をもってレース活動を休止し、約10年の歳月を経てレースに復帰する。

今回の企画展では、第2期F1のエンジンの基本骨格となるF2エンジン開発へのチャレンジや、1983年から1984年にかけて自らの記録を破る12連勝を飾るまでの進化、熟成の試行錯誤を、当時参戦したF2マシンとともに紹介する。

展示予定車両は以下の通り。

- ブラバム・ホンダBT18(1966年ヨーロッパF2、ジャック・ブラバム)
- ラルト・ホンダRH-6-80(1980年ヨーロッパF2、ジェフ・リース) エンジンフードレス展示
- ラルト・ホンダRH-6-81(1981年ヨーロッパF2、ジェフ・リース)
- スピリット・ホンダ201(1983年全日本F2、ジェフ・リース)
- ラルト・ホンダRH-6-84(1984年ヨーロッパF2、マイク・サックウェル)
- マーチ・ホンダ86J(1986年全日本F2、中嶋悟)
- ラルト・ホンダRT20(1986年国際F3000、中嶋悟) エンジンフードレス展示
- ウイリアムズ・ホンダ FW10(1985年F1、ナイジェル・マンセル)

入場は無料(別途ツインリンクもてぎへの入場・駐車料金が必要)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ