豊肥本線肥後大津-阿蘇間は2020年度内再開の見通し

国土交通省が示した、現在の熊本地震関連の復旧状況。
国土交通省が示した、現在の熊本地震関連の復旧状況。全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月12日、2016年4月に発生した熊本地震の影響で長期不通が続いている豊肥本線肥後大津~阿蘇間が、2020年度内に復旧できる見通しになったことを明らかにした。

これは、4月10日に開催された「JR豊肥本線復旧連絡協議会」での協議において、関係機関(国土交通省・熊本県・JR九州)で鉄道復旧工事の工程を精査した結果を受けたもので、道路や砂防などの工事と円滑に連携・調整を図ること、熊本県が立野地区で行なっている砂防・治水工事を早期に終え、鉄道の復旧工事と錯綜しないことが検討された。

その結果、豊肥本線の復旧については、2019年度末に阿蘇大橋地区の斜面崩壊部への対策を施した後、その部分を同線の復旧工事用ヤードとして活用し早期復旧を進めることになった。

豊肥本線の不通区間では、現在、肥後大津駅(熊本県大津町)と宮地駅(熊本県阿蘇市)の間で、JR九州と熊本県が代替バスを共同運行しており、平日は下り7本・上り9本、土曜日は下り4本・上り3本が設定されている。通学利用が対象のため、10連休となる今年のゴールデンウィークは4月28日から5月6日まで運休となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 券売機以外で発売する24時間券の表面。使用開始後は裏面に有効日時が印字される。
  • 『イブニングライナー83号』と『令和号』には『スカイライナー』でおなじみのAE形が使われる。
  • 「ワクワク感を演出する」という万博の玄関「夢洲駅」のイメージ。夢洲への地下鉄は自動運転化が視野に入れられている。
  • 北陸新幹線金沢~敦賀間の概要。
  • 三陸鉄道リアス線久慈~釜石間に乗り入れることになった『TOHOKU EMOTION』。1号車がコンパートメント個室席、2号車がライブキッチンスペース、3号車がオープンダイニングスペースとなっている。
  • 7月27日、宗谷本線に初登場するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。全車指定席で運行される。
  • 浅野川線を走る、元京王電鉄井の頭線用3000系の8000系電車。新元号記念列車の乗客にはヘッドマーク型マグネットがプレゼントされる。
  • 全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。

ピックアップ