札幌市電の「ササラ電車」に新型車…およそ20年ぶり、その名は「雪21号」

雪21号の外観。塗色は新しい雪11号と変わっていない模様だ。
雪21号の外観。塗色は新しい雪11号と変わっていない模様だ。全 4 枚写真をすべて見る

札幌市電冬の風物詩で、「ササラ電車」と呼ばれる除雪車の新型車がこのほど納車された。札幌市交通局が4月15日、公式ツイッターで明らかにした。

ササラ電車は前面に取り付けられた竹製の箒のようなものを回転させて雪をはね飛ばす除雪車。箒は英語で「ブルーム」を意味することから「ブルーム式除雪車」とも呼ばれる。

現在、札幌市電には1949年製の雪1形雪1~3号、1999年製の雪10形雪11号(2代目)という4両のササラ電車が在籍しているが、今回納入されたのは「雪21号」と呼ばれるもので、ササラ電車としてはおよそ20年ぶりの新型車となる。

今後は札幌市中央区の電車事業所で、今冬の運用開始へ向けた調整が行なわれるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 券売機以外で発売する24時間券の表面。使用開始後は裏面に有効日時が印字される。
  • 『イブニングライナー83号』と『令和号』には『スカイライナー』でおなじみのAE形が使われる。
  • 「ワクワク感を演出する」という万博の玄関「夢洲駅」のイメージ。夢洲への地下鉄は自動運転化が視野に入れられている。
  • 北陸新幹線金沢~敦賀間の概要。
  • 三陸鉄道リアス線久慈~釜石間に乗り入れることになった『TOHOKU EMOTION』。1号車がコンパートメント個室席、2号車がライブキッチンスペース、3号車がオープンダイニングスペースとなっている。
  • 7月27日、宗谷本線に初登場するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。全車指定席で運行される。
  • 浅野川線を走る、元京王電鉄井の頭線用3000系の8000系電車。新元号記念列車の乗客にはヘッドマーク型マグネットがプレゼントされる。
  • 全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。

ピックアップ