札幌市電の「ササラ電車」に新型車…およそ20年ぶり、その名は「雪21号」

雪21号の外観。塗色は新しい雪11号と変わっていない模様だ。
雪21号の外観。塗色は新しい雪11号と変わっていない模様だ。全 4 枚写真をすべて見る

札幌市電冬の風物詩で、「ササラ電車」と呼ばれる除雪車の新型車がこのほど納車された。札幌市交通局が4月15日、公式ツイッターで明らかにした。

ササラ電車は前面に取り付けられた竹製の箒のようなものを回転させて雪をはね飛ばす除雪車。箒は英語で「ブルーム」を意味することから「ブルーム式除雪車」とも呼ばれる。

現在、札幌市電には1949年製の雪1形雪1~3号、1999年製の雪10形雪11号(2代目)という4両のササラ電車が在籍しているが、今回納入されたのは「雪21号」と呼ばれるもので、ササラ電車としてはおよそ20年ぶりの新型車となる。

今後は札幌市中央区の電車事業所で、今冬の運用開始へ向けた調整が行なわれるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • くろまつ
  • 大阪モノレール
  • 秩父鉄道パレオエクスプレス
  • 『まほろば』には、写真の『こうのとり』など、北近畿方面の特急に使われている287系を充当。先頭の3両付属編成で運行される。
  • 改装が進む『山明』の外装。
  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/15/321399.html/article/2019/04/15/321398.html/article/2019/04/15/321400.html