トヨタが小型EV『ロンバス』提案、ひし形キャビン…上海モーターショー2019

トヨタのEVコンセプトカー、ロンバス(上海モーターショー2019)
トヨタのEVコンセプトカー、ロンバス(上海モーターショー2019)全 6 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の中国部門は4月16日、中国で開幕した上海モーターショー2019において、EVコンセプトカーの『ロンバス』(TOYOTA RHOMBUS)を初公開した。

ロンバスは、トヨタの中国における研究開発拠点のTMEC(トヨタ自動車研究開発センター中国有限会社)が、開発を手がけたコンセプトカーだ。

開発のテーマは、「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合う車」。コンパクトなボディサイズで、都市に似合うEVを提案している。

車名のロンバスとは、ひし形を意味する。車両を上部から見ると、ひし形デザインのキャビンを採用しているのが見て取れる。このひし形デザインのキャビンには、運転席を中央に配置。その後方に、半円状につながるシートがレイアウトされ、3名が乗車できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 天津に開発拠点を持つデンソーとトヨタが共同で開発した「PM2.5除去システム付オートエアコン」
  • 上海モーターショーに出展したフォルシア
  • リンカーン ナビゲーター(上海モーターショー2019)
  • ホンダ アヴァンシア(上海モーターショー2019)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/16/321428.html/article/2019/04/16/321427.html/article/2019/04/16/321429.html