JapanTaxiタブレット搭載のタクシー、メルペイでの支払いに対応

JapanTaxiタブレットに新たな決済手段「メルペイ」が追加
JapanTaxiタブレットに新たな決済手段「メルペイ」が追加全 8 枚写真をすべて見る

JapanTaxiは、タクシー後部座席に搭載する「広告タブレット」「決済機付きタブレット」での決済手段に、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」を4月15日より追加した。

JapanTaxiでは、タクシーのキャッシュレス化を進めるべく、利用客自身で決済処理を行える「JapanTaxiタブレット」の展開を2017年より開始。現在は、QRコード決済に対応する広告タブレットとクレジットカードや交通系ICなど複数決済に対応する決済機付きタブレットの2種類を展開しており、日本交通をはじめとする、全国9都市のタクシー車両1万台に搭載している。

今回、道や乗り場からのタクシー乗車時、JapanTaxiタブレット搭載車両でメルペイが使用できるようになる。メルペイは、メルカリで利用できるスマホ決済サービス。メルカリの売上金の他、普段利用している銀行を登録し、メルペイに残高をチャージすることで、スマートフォンを使ってお店やメルカリで買い物ができる。

JapanTaxiタブレットが搭載されたタクシー車両へ乗車した際に、目的地到着後、タブレット上に表示される決済方法の一覧から「メルペイ」を選択し、自身のメルカリアプリ内の「メルペイ」タブから、「コード払い」を選択すると表示されるQRコードを、タブレットのカメラで読み取ることで支払いが可能になる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/16/321448.html/article/2019/04/16/321447.html/article/2019/04/16/321449.html