令和改元へ鉄道事業者173社局の情報システムに支障なし 4月16日の石井国交相会見

新元号は令和
新元号は令和全 2 枚写真をすべて見る

石井啓一国土交通大臣は4月16日に開催された定例会見で、平成から令和への改元に伴なう、国や各事業者が運用する情報システムの支障の有無について記者の質問に答えた。

政府は新元号が「令和」と発表された4月1日に「新元号の円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議」を開催し、改元による元号表示の取扱いについての申合せを行なうとともに、経済産業省からは4月2日に、改元後も情報システムが正常に稼働するように、その改修などに万全を期すことが伝えられた。

これを受けて、国土交通省と同省が所管する独立行政法人、鉄道事業者などが運用する情報システムについては、4月15日までに支障の有無を確認するとされていた。

この件に関して石井大臣は「国土交通省や所管する独立行政法人等が運用する情報システムに関しましては、国民生活に影響を及ぼす可能性がある89のシステムについて、稼働に支障が無いことを確認しているほか、これ以外の運用している情報システムにつきましても、稼働に支障が無いことを網羅的に確認いたしました」と述べた。

鉄道事業者については、JR・大手私鉄・公営事業者35社局のほか、準大手・中小鉄軌道事業者など138社でシステム稼働に支障がないことを確認したという。

その上で石井大臣は「改元日である5月1日や開庁日である5月7日まで気を緩めることなく、万全を期してまいりたいと考えております」と述べ、業界団体や国土交通省のウェブサイトを通しての周知を継続していく意向を示した。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月12日の東北新幹線は、下りが東京13時20分発『はやぶさ23号』、上りが新青森11時15分発『はやぶさ52号』が最終となる。
  • JHB:ジェイ・アール北海道バス
  • 10月12日の終日運休が決定している小田急の特急ロマンスカー。写真は70000形GSE。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。
  • 常磐緩行線で運行されているJR東日本のE233系
  • 冬・夏用の制服。女性用のリボンタイやスカートは廃止され、男女ともネクタイ着用のスーツスタイルに。制帽は男女とも官帽型とチロリアン(ハイバック)型があり、いずれかを選択する。ネクタイは3種類あるなかから選ぶ。職制を識別するため駅長・区所長用の袖のラインは2本、それ以外は1本となっており、制帽でも5種類を設けて区別する。
  • TX-3000系のイメージ。車体はアルミダブルスキン鋼体で、最高速度は130km/h。
  • 10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/17/321494.html/article/2019/04/17/321493.html/article/2019/04/17/321495.html