アウディ A3/S3セダン、580台をリコール 後席ヘッドレストが外れるおそれ

アウディA3セダン
アウディA3セダン全 3 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは4月17日、『A3セダン』『S3セダン』の頭部後傾抑止装置(ヘッドレスト)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「A3セダン 30 TFSI」「A3セダン 40 TFSI クワトロ」「S3セダン」の3車種で、2018年6月9日から同年9月13日に輸入された580台。

後部中央座席のヘッドレストにおいて、組立て作業が不適切なため、まくら部と取付ロッドが固定されていないものがある。そのため、衝撃発生時にまくら部分が外れるおそれがある。

改善措置として、全車両、ヘッドレストの取付けロッドを点検し、不適切なものは良品に交換する。

不具合は0件で、事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キムコ レーシングS125
  • 三菱デリカD:5
  • VWポロ(2012年)
  • 改善箇所
  • メルセデス AMG E63 ステーションワゴン新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GT 73 開発車両
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ