BMW i、伊アート作家によるオリジナルデザインの i3 を展示予定 瀬戸内国際芸術祭

BMW iが伊アート作家によるオリジナルデザインの i3 を展示
BMW iが伊アート作家によるオリジナルデザインの i3 を展示全 1 枚

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、香川県と岡山県にて4月26日から春、夏、秋の3シーズンに分けて合計107日間開催される「瀬戸内国際芸術祭 2019」に、次世代EVブランド「BMW i」にて協賛する。

瀬戸内国際芸術祭は2010年の第1回以来3年に一度のペースで開催されており、期間中に約100万人の来場が見込まれる世界最大規模のアートイベント。瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に、32の国と地域から225組の芸術家たちが213作品を披露、地元伝統芸能・祭事と連携したものを含む35のイベントが開催される。

BMW iは、高松港旅客ターミナルビルにてイタリアのアート作家、エステル・ストッカー氏デザインの特別なアートラッピングが施された『i3』を1台展示する予定。また、「瀬戸内国際芸術祭」「BMW i」の両ロゴを施した最新のi3を小豆島、直島、手島に各2台ずつ、計6台を設置し、VIP送迎や運営のオフィシャル・カーとして使用する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  5. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  6. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  7. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  8. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  9. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  10. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
ランキングをもっと見る