万博への地下鉄は自動運転、改札は顔認証で「ゲートレス」に…Osaka Metroの中期経営計画

「ワクワク感を演出する」という万博の玄関「夢洲駅」のイメージ。夢洲への地下鉄は自動運転化が視野に入れられている。
「ワクワク感を演出する」という万博の玄関「夢洲駅」のイメージ。夢洲への地下鉄は自動運転化が視野に入れられている。全 2 枚写真をすべて見る

大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は4月19日、2025年度にかけての中期経営計画を発表した。

2018年4月に大阪市交通局から民営化されて1年が経過したが、2018年度の事業を省みると、10年後の柱となる新規事業や成長戦略は依然構想段階で「自主自立の経営の確立は道半ば」としている。

そこで、万国博覧会が夢洲で開催される2025年度までには、「先進的な交通サービスや次世代の都市生活サービスをお客さまに提供することを目指す」として、全駅にホームドアの設置を行なうとともに、セキュリティカメラを2021年度までには主要な駅に増設、2025年度までには御堂筋線や中央線の全列車にも設置するとしている。

また、地下鉄の自動運転化にも取り組み、2024年度には中央線阿波座~夢州新駅間で実証実験を行なうとしている。

サービス面では鉄道のチケットレス化を推進し、事前に顔写真を登録しておけば、切符やICカード乗車券などを使わずに改札を通過できる機能を2024年度までに全駅で実現するとしており、将来的な「ゲートレス」を目指して2019年度にはその実証実験を開始する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。
  • N700S

ピックアップ

Response.TV