コンチネンタル、電動パワートレイン車向けの新開発エンジンマウント発表…上海モーターショー2019

コンチネンタルのブース(上海モーターショー2019)
コンチネンタルのブース(上海モーターショー2019)全 2 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、電動パワートレイン車向けの新開発エンジンマウントを発表した。

コンチネンタルのエンジンマウントは、電気モーターの要件を満たすように特別に設計されている。アルミや繊維強化の高性能ポリアミド製の軽量構造部品を、エンジンマウントに組み込んでいるのが特長だ。

また、全ての部品は、互いに協調するように調整されている。そのため、騒音や振動を最小限に抑え、ドライバーが感じる不快感を低減することができるという。

コンチネンタルは、ドイツ・ハノーバーに高周波振動テスト施設を持つ。この高周波振動テスト施設において、新開発の防振部品や試作品を3000Hzの周波数までテストできる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • 天津に開発拠点を持つデンソーとトヨタが共同で開発した「PM2.5除去システム付オートエアコン」
  • 上海モーターショーに出展したフォルシア
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ