北海道で一番小さい村がトロッコ列車を盛り上げる…『風っこ そうや』のおもてなしネタを募集

稚内駅 (AC)
稚内駅 (AC)全 9 枚写真をすべて見る

北海道で一番小さい村で知られている音威子府(おといねっぷ)村の若手まちづくりグループ「nociw*」(ノチウ)は、7~9月に宗谷本線で運行されるトロッコ列車『風っこ そうや』の応援企画を実施する。

『風っこ そうや』は、JR北海道がJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」を借り受けて、7・8月の延べ7日間は稚内~音威子府間、8・9月の延べ8日間は旭川~音威子府間で運行される。

そこで、ノチウでは「みんなで風っこそうや号&宗谷本線を盛り上げよう!!」をキャッチフレーズに、「風っこそうや応援会議プロジェクト」と題した企画を立ち上げた。

『風っこ そうや』の運行に際しては、JR北海道や沿線自治体が歓迎のおもてなしを企画しているものの、「『道北地方』や『宗谷本線』を満喫してもらうためには、鉄道会社や行政だけの力では足りません」として、個人や企業、団体を問わず、『風っこ そうや』のおもてなしで「できることネタ」を募集することになった。

おもてなしは、稚内・南稚内・豊富(とよとみ)・幌延・雄信内(おのっぷない)・天塩中川・音威子府・美深・名寄・剣淵・士別・和寒・比布(ぴっぷ)・新旭川・旭川の各駅で検討中で、企画の参加者には特製ステッカーがプレゼントされる。

募集は5月12日まで、専用ウェブサイトまたはFAXで受け付けている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/24/321707.html/article/2019/04/24/321706.html/article/2019/04/24/321708.html