ボルグワーナー、新開発の電動車向け車載充電器発表…上海モーターショー2019

ボルグワーナーのプレスカンファレンス(上海モーターショー2019)
ボルグワーナーのプレスカンファレンス(上海モーターショー2019)全 3 枚写真をすべて見る

ボルグワーナー(BorgWarner)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、新開発の「OBC」(オンボード・バッテリー・チャージャー。電動パワートレイン車向けの車載充電器)を初公開した。

ボルグワーナーの新開発OBCは、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)のどちらにでも使用できる。出力は7.4kwと11kwの2種類が用意されている。

ボルグワーナーの新開発OBCの特長は、三相電源入力により、強力で効率的、スピーディなバッテリー充電を可能にしていることだ。

ボルグワーナーによると、EVとPHV市場はこの数年間で力強い成長を遂げてきた。EVとPHVの生産は2023年におよそ3200万に達すると推定されており、全世界の新車市場のおよそ30%を占めると見込まれる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • 天津に開発拠点を持つデンソーとトヨタが共同で開発した「PM2.5除去システム付オートエアコン」
  • 上海モーターショーに出展したフォルシア
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ