「ほっかいどう応援団会議」を間接的に赤字鉄道路線存続の一助に…全国最年少、鈴木直道北海道知事が初の会見

就任後、初の記者会見に臨む鈴木直道新知事。
就任後、初の記者会見に臨む鈴木直道新知事。全 1 枚写真をすべて見る

北海道の鈴木直道知事は4月23日、就任後初の記者会見を行なった。

鈴木氏は埼玉県三郷市出身の38歳。東京都職員から夕張市の市長へ転身し、2期8年を勤めた後、4月7日に行なわれた北海道知事選挙で当選。4月23日には高橋はるみ氏に代わる、地方自治法施行下での第19代北海道知事に就任し、全国で最年少の知事として話題を撒いた。

夕張市長時代は、4月1日に廃止された石勝線夕張支線の存廃問題に関わり、「攻めの廃線」としてJR北海道へ自ら廃止を提案するなど、斬新な行動が注目を集めた。北海道知事就任後も、自らの施策をピンチをチャンスに変える「攻めの道政」と称し、意欲的に取り組む構えを見せている。

初の会見ではJR北海道問題に対して突っ込んだ質問はなかったが、鈴木知事が選挙公約に掲げた「ほっかいどう応援団会議」の創設に際し、JR北海道の赤字線区の維持に対しても活用するか否かが問われた。

これに対し鈴木知事は、枠組みなどについてしっかり検討する必要があるとしながら「(北海道にある)179の市町村の中で、いわゆる存続をさせていこうという取り組みを進めていらっしゃる中には、ふるさと納税を財源とした取り組みも現在でもあるわけでありまして、そういった取り組みについても、後押しをするようなこともあり得るのではないかというふうに現時点では思っています」と述べ、「ほっかいどう応援団会議」を間接的に赤字路線存続の一助にする可能性について言及した。

「ほっかいどう応援団会議」の創設は、北海道ゆかりの経済人などから資金を集め、政策推進に活かすことを目的とした施策で、6月に行なわれる定例道議会へ提出する補正予算案に、その予算化を盛り込む方針だ。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 不具合が発生した2編成のうち、すでに1編成が復帰したTX-2000系電車。
  • 1月9日に脱線事故が発生した藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。今回、藤崎線では全線で木製枕木のPC化が進められることになった。
  • 熊本市電の幹線(A系統)慶徳校前~辛島町を行く0800形超低床電車。「神水・市民病院前」はA系統(健軍町~熊本駅前・田崎橋)とB系統(健軍町~上熊本駅前)の停留場。「上熊本駅前」はB系統の停留場。
  • 追加発売分も同じデザインとなる「タイガースICOCA」:球団旗
  • 建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。
  • 十三駅に停車中の阪急9000系電車。
  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/25/321780.html/article/2019/04/25/321779.html/article/2019/04/25/321781.html