シド・ミード原画展…ブレードランナーやガンダムなど、世界初公開を含む150点 4月27日より

TOKYO 2040
TOKYO 2040全 11 枚写真をすべて見る

インダストリアルデザイナーの巨匠、シド・ミード氏の原画展「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」が4月27日から5月19日まで、アーツ千代田3331(東京都千代田区)で開催される。日本での個展は34年ぶり3回目となる。

シド・ミード氏は、“ビジュアル・フューチャリスト"として数多くのクリエイターや作品に影響を与えて来た世界的インダストリアルデザイナー。その活躍はプロダクトデザインに留まらず、「スタートレック」や「ブレードランナー」、「エイリアン2」など、SF映画の美術も手がけている。

今回の原画展は、ミード氏が所有する膨大なアーカイブから厳選された画稿のほか、日本独自のセレクションを加えた4つのパートで構成し、合計150作品を展示する。

「PROGRESSIONS」はアジア初公開となる、初期水彩画から最新作まで一堂に展示する自薦50点の回顧展パッケージで、ミード・デザインのヴィークル(自動車など)、建物や宇宙、作品集のカバーアートなどを展示。「The Movie Art」は、映画「ブレードランナー」、「エイリアン2」、「エリジウム」等のハリウッド映画のプロダクション・デザインから未発表のコンセプト画も展示する。

「TYO special」は、「YAMATO 2520」や「∀ガンダム」などアニメーションを中心に、日本のプロジェクトに絞った展示を行う。「Memories Of The Future」は日本人コレクターである松井博司をキュレーターに迎え、ミード氏のアイデア、デザイン、イラストレーションの軌跡や制作過程、世界初公開の秘蔵原画を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/26/321804.html/article/2019/04/26/321803.html/article/2019/04/26/321805.html