【ダカールラリー】南米を離れ、中東での“第3章”へ…次回はサウジアラビアで2020年1月5-17日に開催

南米のペルーで開催された2019年ダカールラリーの模様。
南米のペルーで開催された2019年ダカールラリーの模様。全 5 枚写真をすべて見る

ダカールラリーの次回大会(2020年大会)がサウジアラビアで開催されることが決まり、ルートも公開された。アフリカ、南米に続き、ダカールラリーは中東での“第3章”に移行する。

ダカールラリーの主催サイドは15日の段階で2020年大会の中東サウジアラビア開催を表明し、さらなる情報を25日に公開する、という2段階方式で第3章への移行を発表した。次回2020年大会は1月5~17日の日程(競技日程)で、紅海沿岸のジッダ(JEDDAH)をスタートし、首都リヤド(RYJADH)を中間休息地、アル-キッディヤ(AL QIDDIYA)をフィニッシュ地とする行程になった(地名には異なる読み方もある)。

ダカールラリーは当初パリ~ダカールラリー、通称パリダカとして世に広まっていった。1979年大会(スタートは78年の年末)からアフリカを主舞台にして開催されてきたが、2008年大会がアフリカの政情と治安の不安により中止され、その後は南アメリカ大陸に舞台を移して開催されてきた。

ダカールとはアフリカ西岸の国セネガルの首都であり、アフリカ開催時代に多くゴール地となるなどしていた場所だが、南米移転後もダカールというワードはこのラリーレイドの象徴的なものであり続け、冒険の地を3番目のエリアに移しても、当然それは変わらないと見られる。

第3章に入るダカールラリー。南米最後の開催となった2019年大会ではトヨタが初の四輪総合優勝を達成しているが、その後そのマシンをテストしたのが、元F1王者で近年は様々なレースを戦っているフェルナンド・アロンソ。彼が将来的にダカールラリー参戦を実現する場合、その舞台はおそらく中東ということになる。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ハイラックス 改良新型のプロトタイプとフェルナンド・アロンソ選手
  • 注目を集めたアロンソ(右)とコマ(左)のコンビは四輪総合13位で完走。
  • 四輪総合優勝を飾ったサインツ(中央。ひとり挟み、向かって左がコ・ドライバーのL.クルス)。
  • トヨタGAZOOレーシングの#310 アロンソ(写真はステージ7)。
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ