ラジオリスナーに訴求へ、遊休駐車スペースの活用 akippaとニッポン放送が提携

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 3 枚写真をすべて見る

駐車場予約アプリを展開するakippaは、ニッポン放送と提携し、ラジオリスナー向けに遊休スペースの活用や予約制駐車場の利用を促進する取り組みを開始した。

現在akippaでは、120万人を超えるユーザーが駐車場予約を利用している。利用シーンは通勤や子どもの送り迎え、コンサートやスポーツの試合観戦など多岐にわたるが、場所によっては駐車場が不足する事態も発生している。

ニッポン放送は首都圏を中心に幅広いエリアに情報を発信しており、多くのリスナーに対して遊休スペースの貸し出しの呼びかけが可能。リスナーは、遊休スペースをakippaに登録して有効活用することで、収益に繋げることができる。また、同局は多くのドライバーが聴取しており、駐車場利用の面でも親和性が高く、多くのニーズが期待できる。

akippaでは、4月24日からニッポン放送にて、遊休スペース活用の呼びかけを開始。6月からはカーラジオを聴くドライバーに対して駐車場の利用を呼びかける展開も開始する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • akippaの登録会員数が急増している。
  • J-Stratup2019セレモニーに出席したakippaの広田康博取締役
  • FP HOTELS Grand 難波南 駐車場
  • akippaが駐車場シェアに「定期利用サービス」を導入
  • VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/26/321821.html/article/2019/04/26/321820.html/article/2019/04/26/321822.html