水陸両用バス「山中湖のカバ」がリニューアル…シアターとパペット

山中湖のカバ(YAMANAKAKO NO KABA)
山中湖のカバ(YAMANAKAKO NO KABA)全 2 枚写真をすべて見る

富士急行は、山中湖で運航する水陸両用バス「山中湖のカバ(YAMANAKAKO NO KABA)」を全面リニューアルし、4月27日より運行を開始する。よりエンターテイメント性を感じられるアトラクションバスに変えたという。

2011年に運航を開始した「山中湖のカバ」は、陸上でも水面でも走行&航行が可能な水陸両用バスで、バスごと湖に入り、富士山を臨む山中湖をクルージングするという非日常な体験ができる。

リニューアルでは、バスの乗車前から降車まで多くの乗客が楽しめるよう、新たな演出を加え、「期待感」や「学び」、「ワクワク感」が感じられる、よりエンターテイメントのあるバスへと進化させた。

新たな演出は2点。ひとつは、新設したシアタールームでのプレショー映像。乗客に乗車前の期待感・ワクワク感を高めてもらうため、シアタールームを設け、「最近、山中湖でいるはずのないカバの目撃情報が多数寄せられている。その正体は一体何なのか!?」という設定の、3面シアターによる映像をツアーの冒頭で観賞してもらう。

もう1点は、車内でのプレゼンテーションのシナリオの変更。小さい子どもでも学びながら観光を楽しめるように変更した。従来は、アテンダントと「博識なカバ爺さん」の音声が山中湖の自然や歴史をクイズ形式で問いかける設定で、録音音声とアテンダントとの掛け合いが行なわれていた。リニューアルでは、子供のカバの新キャラクター「ちびカバ」のパペットを導入し、ちびカバと乗客がいっしょの子ども目線で、山中湖の自然や歴史、水陸両用バスの仕組みについて学んでいく。“見て”“聴いて”“学ぶ”参加型のプログラムに変更した。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 富士急ハイランドイメージ
  • 「SoundUD」を活用した多言語サービス
  • 7月26日から富士急行線を走る富士急6000系「NARUTOトレイン」(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/26/321837.html/article/2019/04/26/321836.html/article/2019/04/26/321838.html