中小トラック運送事業者の低燃費ディーゼルトラック導入を支援 国交省

二酸化炭素排出抑制対策事業のリーフレット
二酸化炭素排出抑制対策事業のリーフレット全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月26日、中小トラック運送業者を対象に、低炭素型ディーゼルトラックの導入を支援する補助事業を公募すると発表した。

投資余力の少ない中小トラック運送業者について、トラックの更新需要をトップクラスの燃費レベルに誘導するため、低炭素型ディーゼルトラック、大型天然ガストラックを導入する事業者に対して車両導入経費の一部を補助する。

公募期間は4月26日から2020年1月31日。

補助率は、低炭素型ディーゼルトラックの購入で、廃車を伴う場合、標準的燃費水準の車両との価格差の半分、廃車を伴わない場合は価格差の3分の1。

大型天然ガストラック(車両総重量12t以上)では、高速走行を主体とした使用方法により2015年度重量車燃費基準適合ディーゼルトラックと比較してほぼ10%以上のCO2排出削減を図ることのできる車両の場合、標準的燃費水準の車両との価格差の半分、5%以上のCO2排出削減を図ることのできる車両の場合は価格差の3分の1とする。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 日産自動車追浜工場
  • 国土交通省
  • イメージ (AC)
  • ポルシェ 718ケイマンGT4 新型スクープ写真
  • BMW M2 CS プロトタイプ(スクープ写真)
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アウディの新型クーペSUV「Q4」スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/27/321849.html/article/2019/04/27/321848.html/article/2019/04/27/321850.html