バス・トラックの電動化を推進、補助制度を導入 国交省と環境省

電動化対応トラック・バス導入加速事業の対象車両
電動化対応トラック・バス導入加速事業の対象車両全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は4月26日、環境省と連携してトラック、バスの電動車両を導入する事業者に対して導入経費の一部を補助すると発表した。

両省は、運輸部門CO2排出量の約3割を占める貨物車・バスのCO2排出量を削減するため、補助対象車両として事前登録された電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、ハイブリッド車のトラック、バスの導入に要する経費の一部を補助する。

補助を希望する事業者を4月26日から2020年1月31日まで公募する。

補助率は電気トラック・バスとプラグインハイブリッドバスが標準車との差額の3分の2、ハイブリッドトラック・バスが差額の2分の1で、充電設備については導入費用の2分の1。

「地域交通グリーン化事業」など他の補助事業により補助を受ける場合、今回の事業に申し込みできない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 日産自動車追浜工場
  • 国土交通省
  • イメージ (AC)
  • BMW M2 CS プロトタイプ(スクープ写真)
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アウディの新型クーペSUV「Q4」スクープ写真
  • BMW 8シリーズグランクーペ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/27/321850.html/article/2019/04/27/321849.html/article/2019/04/27/321851.html