100km/hまでわずか2.25秒…VW「ID.R」、EV世界最速ねらいニュル来襲

ニュルを走る VW ID.R(スクープ写真)
ニュルを走る VW ID.R(スクープ写真)全 17 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンが4月に初公開したばかりのEVレーサー、『ID.R』がニュルブルクリンクで非公式ながら初の高速テストを開始した。

ID.Rは、2018年に公開された国際ヒルクライム参戦マシン、『ID.Rパイクスピーク』の進化系だ。カーボンファイバー製ボディに、2個のモーターを搭載、最高出力680psを発揮。車重1100kg以下の軽量ボディにより0-100km/h加速は2.25秒のパフォーマンスを誇る。

今回ニュルブルクリンクに持ち込まれたのは2台のプロトタイプで、テストドライバーには2018年パイクスピーク2018の決勝レースを走り、初めて8分を切る7分57秒148の新記録で優勝したRomain Dumas(ロマン・デュマ)が着座、いきなり本気モードとなった。

現在、ニュルブルクリンク北コースにおけるEV最速レコードは、中国上海に本拠を置くEVメーカー、NIOの『NIO EP9』が2017年に叩き出した6分45秒900だ。ID.Rは、その記録更新を狙う。この日は記録を破ることはなかったが、ロマン・デュマ氏は「初走行としては合格点。良い点はたくさんあったが、改善すべきものもある」と語っており、VWではこの日の結果を分析、年内にさらなるテストを実地する予定だという。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/28/321870.html/article/2019/04/27/321869.html/article/2019/04/28/321871.html