日産 GT-R 次期型、電動化は確実か…登場は2022年以降の予想

自動車 ニューモデル 新型車
GT-R50 by Italdesign Concept
GT-R50 by Italdesign Concept 全 5 枚 拡大写真
日産『GT-R』次期型に関する新たな情報が入ってきた。先日、『フェアレディZ』と「GT-R」次期型の方向性が決定していないと報じたが、どうやら電動化の可能性が高まっているようだ。

前回に引き続き『Top Gear』の調べによると、日産のチーフ・プランニング・オフィサーであるフィリップ・クライン氏から新たな証言を入手したという。

同氏は、「新型がすぐに発売することはない。ドライビング・エクスペリエンスは非常に高く、内燃機関からハイブリッド e-POWERへ移行しているが、電動化してもその走る楽しさは何も変わらない」と語ったようだ。この言葉を聞けば、電動化は濃厚と言えそうで、あとはフルEVなのか、ハイブリッドなのかの選択となりそうだ。

日産の設計責任者アルフォンソ・アルベイザ氏は昨年、GT-R次期型に関して「世界で最も速いスーパーカーでなければならない」と述べており、期待が高まるばかりだ。Spyder7スクープ班の予想パワートレインは、「GT-R50 by イタルデザイン」に搭載される3.8リットルV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」エンジン+電気モーターのハイブリッドで、最高出力は800ps以上だ。

ワールドプレミアは最速でも2022年以降となりそうだが、Spyder7では、最新情報を入手次第、順次お伝えしていこう。

日産GT-R次期型に新情報!登場はまだ先...「電動化でも失うものはない」

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トミカプレミアムRS 日産スカイライン GT-R VスペックII ニュル(左:ベイサイドブルー/右:ミレニアムジェイド)
  • 純金GT-Rプレート(イメージ)
  • GT-R 手ぬぐい
  • 2000GT-RとR380-III(1969年)
  • トヨタ スープラ GRMN 市販型予想CG
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/29/321894.html/article/2019/04/29/321893.html/article/2019/04/29/321895.html