BMW 4シリーズカブリオレ 次期型、春の陽気に誘われルーフをオープン

BMW 4シリーズカブリオレ スクープ写真
BMW 4シリーズカブリオレ スクープ写真全 9 枚写真をすべて見る

BMW『4シリーズ』に設定されるオープンモデル、『4シリーズカブリオレ』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

気温が上がる春の陽気のせいか、テストドライバーがルーフをオープン、そしてウィンド・ディフレクターを上げた。カモフラージュはまだ厳重だが、次期型の新たな一面を見ることができるスパイショットと言える。

次期型の大きな変化は、ルーフが電動リトラクタブル・ハードトップから、新型『Z4』同様にソフトトップへ変更されることだろう。また最新プロトタイプには、ブレーキライトを備えるスポーティなデッキリッドスポイラーや、『M340i』と似た台形デュアルエキゾーストチップなどが見てとれる。同じ「CLAR」プラットフォームを採用していることからも、これは偶然ではないだろう。

コックピットには、スポーティな3スポーク・ステアリングホイール、高精度ディスプレイ、その下にはワイドな薄型レジスターが設置されている。また電子パーキングブレーキ・コントローラー、その隣にはルーフ開閉ボタンが確認できるなど、新型『3シリーズ』と似たデザインが確認できる。

予想されるパワートレインは、最高出力255ps、最大トルク400Nmを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ターボを筆頭に、最高出力382ps、最大トルク500Nを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンがラインアップされるほか、プラグインハイブリッドの設定も濃厚のようだ。

ワールドプレミアは最速で2019年内で、遅れれば2020年になるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ