マイバイクでGPコース体験、BIKE BIKEアクティブフェスティバル 6月8-9日

MotoGPサーキットランイメージ
MotoGPサーキットランイメージ全 5 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎは、「2019 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ」期間中に開催する「BIKE BIKE アクティブフェスティバル」にて、GPライダー気分が味わえる「MotoGPサーキットラン」を実施する。

トライアル世界選手権はアジアで唯一、ツインリンクもてぎでのみ開催されており、豊かな自然のなかで森林浴をしながら、間近に迫るダイナミックなバイクの迫力を楽しむことができる。BIKE BIKE アクティブフェスティバルでは、このトライアル世界選手権を核に、ライダーや家族で楽しめるさまざまなコンテンツを用意する。

MotoGPサーキットランは、49cc以上のナンバー付きバイクで、MotoGPも開催される国際レーシングコースの高速走行をツーリング感覚で体験できる年に1度のイベントだ。要望の多かった走行枠(1グループ)の事前予約を今年から開始。遠方からのツーリングでも安心して参加できる。

またMotoGP日本グランプリ当日をイメージした会場装飾を実施。サーキットランだけでなく、日本グランプリのレプリカ表彰台やマルク・マルケス選手が2018年にツインリンクもてぎで年間チャンピオンを獲得した瞬間のフォトスポットでの記念撮影を楽しめる。さらにサーキットランの走行前ブリーフィング(走行諸注意の説明)会場として、日本グランプリの記者会見場を再現。走行後には公式リザルト風の走行証明書も発行し、走行前から走行後まで誰もがGPライダーになりきれる空間を演出します。

開催日時は6月8日の9時~9時20分、9時30分~9時50分、10時~10時20分、10時30分~10時50分、11時~11時20分、11時30分~11時50分、12時~12時20分、12時30分~12時50分の全8枠。革ツナギなど特別な装備は不要で、公道走行に適した装備と同等の装備(ヘルメット・長袖・長ズボン・グローブ・シューズ)で参加できる。

前売チケットは、このMotoGPサーキットランをはじめ、トライアル世界選手権(2日間)、モビパークパスポート(1日)、オーバーナイトスクエア(土曜日)、すべてが付いて、高校生以上4200円で発売中。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「Motorimoda」と「SHINICHIRO ARAKAWA」のコラボグローブがクール!
  • スズキKATANA新型
  • フィリピンで人気のAT車(スクーター)ヤマハ『MIO』シリーズ
  • 中須賀選手。2018年は土曜日に負傷して本戦は欠場、優勝したものの走らなかっという、嬉しいけれどフラストレーションが残った。
  • ヤマハが手がける中古バイクサブスクリプション「月極ライダー」は二輪業界活性化につながるか。写真はイメージ
  • 月額制バイク貸出サービス「月極ライダー」のロゴ
  • イタリア・シチリア島でメッツラー CRUISETEC(クルーズテック)を試した
  • オートバイ雑誌「Moto NAVI」が、女性ライダーのためのファッション講座&オフ会「バイク女子会」を開催

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/04/321968.html/article/2019/05/04/321967.html/article/2019/05/04/321969.html