キャンピングカーKKとイードが業務提携、アウトドア総合プラットフォーム構想を推進

レンタルに特化したオリジナル開発キャンピングカー「ロビンソン771」
レンタルに特化したオリジナル開発キャンピングカー「ロビンソン771」全 5 枚写真をすべて見る

キャンピングカーレンタル事業などを展開するキャンピングカーKKは、イードとの資本業務提携を発表。モビリティサービス向上を目指したMaaS事業戦略を加速させる。

キャンピングカーKKは、日本最大級のキャンピングカーのレンタル事業「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)」のほか、「キャンピングカー比較ナビ」、「くるまの旅ナビ(お出かけアプリ)」、「こっそり農遠(農園シェアリング)」、「ワンダホー(ペットポータル)」、「BOUSAI時計(防災アプリ)」などのメディアサービス事業を運営している。

同社は、キャンピングカーだけでなく、ミニバン等での車中泊利用者の行動を分析し、より便利でより楽しいドライブや車中泊を体験できるサービスの提案・提供。さらに、仮設住宅キャンピングカーや非常用電源カーなど、防災の観点からもキャンピングカーの有効性を改めて見直し、新たなモビリティサービスを提供することが目的。その先の最終目標としては「車中泊モビリティサービスプラットフォーム」を構築し、温泉・キャンプ場・SA/PAなど様々な施設との連携を目指している。

今回、キャンピングカーKKは、イードを割当先とする第三者割当増資を行い、業務提携契約を4月26日に締結。今後は、イードのメディア運営技術やユーザーエクスペリエンスコンサルティング技術の他、関連会社および協業先の地方創生、ドライブログ分析、自動車用スマートロックを組み合わせることで、キャンピングカーKKのアウトドア総合プラットフォーム構想を推進。新しいドライブ体験、旅行体験、アウトドア体験、観光体験を実現するサービス開発を共に取り組んでいく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーステイ、CMOの田端信太郎氏(左から3番目)、宮下晃樹代表取締役(同4番め)
  • キャンピングカー(イメージ)
  • バンシェア
  • かんぽの宿に車中泊可能な施設「くるまパーク」開業
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ