GM、オハイオ工場をEVメーカーに売却へ…トランプ大統領も歓迎

GMの米オハイオ州ローズタウン工場
GMの米オハイオ州ローズタウン工場全 2 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は5月8日、米国オハイオ州ローズタウン工場を、EVメーカーのワークハウスグループに売却する協議を進めていると発表した。

ワークハウスグループは、米国オハイオ州シンシナティに本拠を置き、電動ピックアップトラックや電動デリバリーバンなどを開発・生産している。

ワークハウスグループはGMのローズタウン工場を取得し、同工場で電動ピックアップトラックを組み立てる方針。同工場に投資を行い、雇用も維持していく。

今回のGMの発表を受けて、米国のトランプ大統領は公式Twitterを通じて声明を発表した。「オハイオ州にとって素晴らしいニュースだ。GMはオハイオ州の3工場に総額7億ドルを投資する」と述べ、GMの発表を歓迎する意向を示している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • シボレー・ボルトEVに装着されたミシュラン『アプティス』プロトタイプ。
  • 左からJim Danahy氏(GM社)、Tom McMillen氏(GM社)、Brent Morgulec氏(BATO)、Fred Cusimano氏(BATO)、Greg Warden氏(GM社)
  • GMの新世代のデジタル車両プラットフォーム
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/09/322121.html/article/2019/05/09/322120.html/article/2019/05/09/322122.html