ヤマハ発動機、自動運転用AIの開発強化に向けてDMPと提携

自律ライディングロボット「モトボット Ver.2」(参考画像)
自律ライディングロボット「モトボット Ver.2」(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は5月10日、自動運転領域の開発を強化するため、AI(人工知能)コンピューティング分野に強いディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)と業務資本提携することで合意したと発表した。

DMPは、独自開発した組み込み用2D/3Dグラフィックス技術のハードウェアIPやソフトウェアIPのライセンス、これらIPを搭載したグラフィックスLSI開発を手がける研究開発型のファブレス半導体ベンダー。ヤマハ発動機はDMPが発行する第三者割当による新株式引き受け、DMPの筆頭株主となる予定。

同社はAIが今後の制御技術の核になると判断、DMPと提携する。DMPのディープラーニング、画像処理・画像認識技術を、ヤマハ発動機の製品や技術と融合し、低速度自動・自律運転システムや農業領域でのロボット活用、各種モビリティの先進安全技術などの開発を加速する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 次世代操船システム「HARMO」
  • ヤマハ YZ450FX
  • ヤマハ PW50
  • ヤマハ YZ250F モンスターエナジー ヤマハレーシングエディション
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ