BMW X6 新型、現行モデルとの違いがわかるツーショットを激写

BMW X6 新型プロトタイプ(手前)と現行型X6Mのルーフ比較
BMW X6 新型プロトタイプ(手前)と現行型X6Mのルーフ比較全 18 枚写真をすべて見る

BMWのミドルサイズSUVクーペ、『X6』新型プロトタイプが、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でニュルブルクリンクに出現。そのコックピットを初めて撮影することに成功した。

2008年にデビューしたX6は、それまでの概念にとらわれることのない、クーペSUV市場を開拓した元祖だ。2014年には第2世代が登場、いよいよ第3世代へバトンタッチされる。

写真の新型プロトタイプの奥に見えるのは、現行型『X6M』だ。Mモデルのため、バンパーやホイール、エキゾーストパイプは比較できないが、ルーフラインが明らかに異なっているのが確認できるだろう。「CLAR」アーキテクチャを採用する新型ではトランク開口部が下方へ移行され、コンパクトなリップスポイラーを装着することにより、さらになめらかなボディシルエットとなるようだ。

フロントエンドには、『X7』新型同様の大型キドニーグリル、ハーフカップ型LEDデイタイムランニングライト付きの新型ヘッドライト、そしてLEDフォグランプバーらしきものが見られるコーナーエアインテーク形状も確認できる。

そのキャビン内は『X5』新型と同様、センタースタックの上部に12.3インチのインフォテイメントディスプレイとゲージグラスタディスプレイを装備している。以前スクープしたX6Mプロトタイプで見られた、センターコンソールのカーボントリムやステッチが施されたシフター用ダークレザーカバーなどは装備されておらず、差別化が図られているようだ。

予想されるパワートレインは、最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ガソリンターボ、最高出力462psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンのほか、2リットル直列4気筒ガソリンターボ+電気モーターのプラグインハイブリッドも可能性が高いだろう。

そして頂点に君臨するX6Mには、『X5M』次期型と共有する4.4リットルV型8気筒Mツインパワーターボ、「S63」エンジンを搭載し、最高出力625psが予想されている。

ベースモデルのワールドプレミアは、2019年秋が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/14/322258.html/article/2019/05/14/322257.html/article/2019/05/14/322259.html