【人とくるまのテクノロジー2019】過去最多の624社が出展、世界初の技術10件 5月22-25日

人とくるまのテクノロジー展
人とくるまのテクノロジー展全 7 枚写真をすべて見る

自動車技術会は、「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019横浜」を5月22日から25日の3日間、パシフィコ横浜で開催する。

イベントは自動車産業の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術専門展として1992年にスタート。28回目となる今回は、初出展40社を含む過去最多の624社が出展予定。出展内容には、「世界初」10件、「日本初」19件が含まれる。

また、主催者企画として「新たな自動車技術が支える地域創生」をテーマに、くるまが目指していく新しいモビリティサービス社会と地域創生の方向性とその価値を、幅広くステークホルダーと一緒に考え共有できる場を提供。自動運転バスの試乗体験なども用意する。

さらに期間中は、社会インフラと融合し”くるま“が進化していく方向性やそれに向けた取り組みをその道の専門家が語る主催者企画講演5件を行うほか、自動車技術分野を代表する賞である「自動車技術会賞」の受賞者を開催初日に発表する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 会場のパシフィコ横浜
  • 会場のパシフィコ横浜
  • バーチャルスタイリングが楽しめる「リモートファッションコミュニケーションビークル」
  • 触感や温度をグローブを介して、遠隔地で共有できる「3原触モジュール」のデモ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ