マルチスズキ、300拠点目の商用車専売店を開業…3年以内はインド最速

スズキ・スーパーキャリイ 新型(インド仕様車)
スズキ・スーパーキャリイ 新型(インド仕様車)全 1 枚写真をすべて見る

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は5月13日、インド国内に300拠点目となる商用車専売ディーラーを開業した、と発表した。

マルチスズキの商用車専売ディーラーは、インド国内の230都市以上をカバーする。マルチスズキによると、2016年9月に商用セグメントに進出して以来、3年以内での300拠点目の商用車専売店の開業は、インド最速ペースになるという。

商用車専売ディーラーの拡大の牽引役となっているのが、小型トラックの新型『スーパーキャリイ』だ。新型スーパーキャリイには、パワフルな793cc 2気筒ディーゼルターボエンジンと、1.2リットルのCNGエンジンを搭載する。

マルチスズキは、アリーナ、ネクサ、商用車と、3種類のディーラーネットワークをインドで展開する。インド国内の1860都市に、2940拠点を超えるディーラーネットワークを構築している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • チームスズキエクスター(アラゴンGP)
  • スズキ・アルト がインド発売20周年
  • スズキ クロスビー ハイブリッドMZ(タフカーキパールメタリック ブラック2トーンルーフ)
  • スズキ アルト S(フェニックスレッドパール)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV