災害支援に活躍する水陸両用バギー、パンク対策としてブリヂストンのウレタンフォームを充填

水陸両用バギー
水陸両用バギー全 6 枚写真をすべて見る

ブリヂストンは、旭テクノプラントが5月13日に倉敷市消防局へ寄贈した風水害発生時の救助活動に使用される水陸両用バギーのタイヤにパンク対策用としてブリヂストンのウレタンフォームが採用されたと発表した。

地震や豪雨などの災害でがれきが散乱した現場や広範囲に浸水が続く現場では、タイヤのパンクで車両が走行不能となり救助活動に支障をきたすリスクが高まる。タイヤの空気が充填される空間にウレタンフォームを埋め込むことで、パンクによってタイヤの内圧がゼロになっても走行が可能となり、悪路でのパンクによる走行不能リスクを軽減する。

採用されたウレタンフォームには、ブリヂストンの基盤技術である材料の配合技術やセルコントロール技術等を活用することで、人命救助において重要な災害発生後72時間の走行を継続して支えられる耐久性の確保を追求している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 昨年のブリヂストンデー2018の様子
  • バス停バリアレス縁石
  • ブリザック DM-V3
  • 世界初!フレームにカーボンを使用したパラバドミントン車いすを共同開発
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • シボレー カマロ 現行型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/14/322300.html/article/2019/05/14/322299.html/article/2019/05/14/322301.html