北海道新幹線でも最高320km/hへ…JR北海道が新函館北斗以北の高速化を要請

東北新幹線と北海道新幹線の境界駅である新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。
東北新幹線と北海道新幹線の境界駅である新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。全 2 枚写真をすべて見る

JR北海道は5月15日、北海道新幹線新函館北斗~札幌間約212kmの高速化を5月13日に国土交通省へ要請したことを明らかにした。

現在、北海道新幹線は、一部の列車を除いて東北新幹線と直通運転を行なっているが、盛岡~新函館北斗間は整備新幹線区間であるため、法令により最高速度が260km/hに制限されている。

しかし、2030年度末の開業に向けて工事が進められている新函館北斗~札幌間の開業に向けては、現行の最高速度では東京~札幌間の到達時間が5時間を超えることが見込まれるため、航空機との対抗上、整備新幹線区間でも260km/h以上の高速化は必須となる。すでにJR東日本では、そのことを睨んだ360km/h運転可能な試作車E956形「ALFA-X」が落成しているほか、盛岡~新青森間の最高速度を320km/hとする方針が固められている。

JR北海道でも新函館北斗~札幌間での最高320km/hを目指すことになり、トンネル区間の約170kmでは約30か所のトンネル坑口に設置される緩衝工を延長。トンネル区間以外の約42kmについては、約30km部分で防音壁を嵩上げし、それに伴なう高架橋の強度を上げる工事が必要としている。

要する工費は約120億円と見込まれているが、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が主体となって進められている建設工事との差額はJR北海道が負担するとしている。

この320km/h化が実現すれば、北海道新幹線は当初の見込みより5分程度の短縮が図られることになり、JR北海道では「今後、建設主体である鉄道・運輸機構と時速320km化の実施に向けて調整を行ってまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。
  • 北海道新幹線のトンネル抗口。
  • 西武新宿駅で発車を待つ30000系電車。この駅を含む通勤利用駅の4駅では、平日朝の混雑予測を表示し、通勤ピーク時間帯以外の利用を促すことが企図されている。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系にもモニタ状態監視装置が導入される。
  • 1990年度のグッドデザイン賞に選ばれたこともある「クリスタルエクスプレス」(左)。右は現在は見られないキハ40形「ぽっぽや号」。1999年6月、富良野駅。
  • 大井川の減水が懸念されるため、静岡工区が未着工となっている中央新幹線工事。JR東海では静岡県の専門部会から出される質問、意見、趣意などについて検討を進め、その結果をフィードバックした上で、専門部会が検討する運びとなった。
  • 京成電鉄の3000形電車。窓は開くものの、停電時は冷房が作動しない。
  • 吹田貨物ターミナル駅(2013年4月末)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/15/322340.html/article/2019/05/15/322339.html/article/2019/05/15/322341.html