観光地の二次交通やモビリティサービス 国交省の検討会が議論へ

国土交通省
国土交通省全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、5月17日に「地域交通フォローアップ・イノベーション検討会」を開催し、観光地における二次交通、新しいモビリティサービス、中間取りまとめに向けた方向性について議論すると発表した。

地域公共交通分野では、地方の公共交通サービス縮小などによる住民の移動手段の確保など、様々な課題を抱えている。このため、国土交通省では、国・自治体など、公的主体からの観点や、交通事業者などの等サービス提供主体からの観点、技術・サービス革新の観点から、持続可能で利便性の高い交通ネットワークの維持・確保に向けた政策のあり方を幅広く検討するため、有識者で構成する検討会を開催している。

今回の検討会では、山陰インバウンド機構とジョルダンが取り組みを発表するとともに、国土交通省が施策などを発表し、委員を交えて意見交換してもらう。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 複数のバリアフリー情報収集アプリを利用したイベント形式の実証実験で参加者募集
  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • 自動車アセスメントを紹介するブースのイメージ
  • 台風19号の被災状況(10月15日、茨城県水戸市)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322355.html/article/2019/05/16/322354.html/article/2019/05/16/322356.html