ティアック、データロガーの最新モデルを展示予定…人とくるまのテクノロジー2019

ティアック データロガ LX-1000シリーズ
ティアック データロガ LX-1000シリーズ全 2 枚写真をすべて見る

ティアックは、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展し、データロガーの最新機種「LX-1000シリーズ」を紹介する。

LX-1000シリーズは、高速・多チャンネルのデータ収録をよりコンパクトに実現したティアックデータロガーの最新機種だ。従来製品の「LX-100シリーズ」と比べ価格(90万円~)は据え置きながら機能・性能面を大幅に改善。また入力アンプをモジュール化することでユーザーによるシステムインテグレーションが容易に行える。自動車の音振計測向けに、CANやひずみアンプ等を用意。USBカメラの接続など幅広い用途に対応できる製品となっている。

このほかブースでは、制動性能試験に使用するペダル踏力測定用ロードセル「TC-PF」の実演デモを実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新プラットフォームDNGAを採用した新型タントカスタム
  • ヴァレオが出展して実演していた第2世代LiDAR「SCALA2」
  • 矢崎総業 ブースイメージ
  • 人とくるまのテクノロジー展2019横浜のブース
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322366.html/article/2019/05/16/322365.html/article/2019/05/16/322367.html