【トヨタ RAV4 新型】発売後1か月で2万4000台を受注…月販目標の8倍

トヨタRAV4
トヨタRAV4全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、『RAV4』新型の受注状況について、4月10日の発売から約1か月にあたる5月15日時点で、月販目標(3000台)の8倍にあたる約2万4000台と好調な立ち上がりとなっていると発表した。

購入者のうち20代・30代が約4割。SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザインや、クラストップレベルのラゲージスペースと便利な気配り空間、3種類の4WDシステムの優れた走行性能などが好評点として挙げられている。

また、約9割が4WD車を選択。新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」搭載車は全体の約3割(ガソリン車のうち約6割)を占める。メーカーオプションは、インテリジェントクリアランスソナーの選択率が約8割、ハンズフリーパワーバックドアが約6割、快適温熱シート+シートベンチレーションが約6割。ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインが約4割、アティチュードブラックマイカが約3割となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • RAV4、エクリプスクロス、フォレスター
  • トヨタ・プリウス
  • トヨタ RAV4 アドベンチャー 新型
  • トヨタRAV4 新型(欧州仕様)
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322370.html/article/2019/05/16/322369.html/article/2019/05/16/322371.html